2006.01.24

降格してもまた昇格を目指せばいい

ヴァンフォーレの海野社長のインタビュー

 海野社長:「それで万一J2へ降格したとしても、またJ1を目指してやればいいんです。昨年の開幕前、J2だった甲府がJ1だった柏に勝てると思った人はいないでしょう? でも勝てた。だから簡単には落ちないんですよ。選手も自信を持っています」

似たようなインタビューコメントは以前にも聞いたことあったから、それほど驚くべき話じゃないだろうけど。
でも改めてこのコメントを読むと、本当に腹の据わった人だなとおもう。

 そしてサポーター・コーチ陣への信頼。

 海野社長:「サポーターも甲府の置かれた現状を理解してくれると思います。強いチームを作ることも大事だけれど、まずは無理な経営はしないことが大切。ただ、1桁(6.3億円)の運営費でもJ1に昇格することができた。素晴らしいコーチ陣がいたからJ1に行くことが出来たと思っています」

 その後のコメントにもあるように、甲府の活躍というのは、全国でJを目指す数多くのチーム・サポーター・自治体の希望・目標になるんだろうね。ただ、その期待を、過剰に受け止めず、地に足をつけ、フロント・サポーター・自治体が一体となってヴァンフォーレ甲府というチームを支えようとしている姿が、アルビレックス新潟と重なるようで重ならないところがまぶしく感じるね。
 池田社長、あ、今は会長か?もある意味たいした人物だと思うけど。


 marugaoの実家の甲府は、冬でも天気がよく日中はとても暖かい土地なんだけど、東西南北、どこ見てもすぐに山が迫っているこの雰囲気はどうも息苦しく感じちゃう。
 といいつつ、すぐ近くに見える富士山は圧倒だし、空気がきれいな日の山肌はとても美しい。温泉もたくさんあって果物もうまい。中央道の拡幅で渋滞が少なくなったので本当に東京も近い。そしてサッカーどころ。
 どうやらまた、今年も対戦は、松本らしいのが残念だけど、J1の甲府の試合も今年は何試合か見に行くんだろうな。新潟とともに気になるチームだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)